10秒迷路

育休6m明け育児修行中パパのブログ

Anova 料理

Anovaを使って低温調理で作るバターミルクでマリネした鶏肉の親子丼

更新日:

炊飯器で作る鶏皮とヤゲン軟骨のボーンブロス

Anovaをつかった、グンマーのソウルフード、登利平の鳥めし竹の再現レシピ

 

マリネしておきましょう

 

一晩マリネ

さて、マリネ後、Anovaを60℃にセットし60分低温調理

醤油、みりん、砂糖、出汁を混ぜておきます

 

追い根昆布です

 

鶏と同じような大きさに切った玉ねぎと一緒に出汁を加熱

 

卵は2:2で分けてといておきましょう。1次部隊と2次部隊です

 

沸いたらOK

 

Anovaが時を告げたら肉をと取り出します

 

鶏肉が既に十分加熱済みなので生煮えの心配がないのがいいですね

 

卵を1陣を振った後、しばらく加熱後2陣を振り完成

 

ノリを刻んでもいいかも

実食

鶏肉が柔らかくておいしいです。

ただ、それがバターミルクのおかげなのか低温調理のおかげなのかは判断がつかない……

そして、玉ねぎがいい感じの食感を保っていていい。肉よりは柔らかいけど、くたくたの玉ねぎみたいな脇役じゃなくちゃんと主張をしている感じがいい。

おわりに

今まで酵素で肉を柔らかくとか、バターミルクで肉を柔らかくとか試しましたが、

そもそも低温調理で肉が柔らかくなる調理条件では、微細な工夫は僕の官能試験では

なかなか差別化できません。

まあ、低温調理で割と間違いなくおいしく仕上がるということです。

参考資料

 

スポンサーリンク

-Anova, 料理,
-

Copyright© 10秒迷路 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.