10秒迷路

育休6m明け育児修行中パパのブログ

パラオでダイビングのライセンスをとったお話(出国)

更新日:

間に合う!

そんなこんなで、何とか間に合い、合流しました。

合流してからも、韓国からパラオへ立つ便までは結構時間があったので、空港で微妙なビールを飲みながら時間をつぶしていたような気がします。

なにせ、安堵で記憶が……

 パラオへ到着するも迎えのバスが来ない

パラオに到着すると現地の日本人旅行代理店がバスをよこす流れでした。

到着時間は日本時間3時、もうくたくたでした。

こない。

バス来ないよ。

しばらく待ちぼうけしていると空港職員?が自家用車で送ってくれました。

ありがとう親日国家。ありがとうODA。

空港からホテルがある島に渡るときに見た橋。

一時期ネットで話題だった韓国企業が立てて速攻壊れて日本が直したという橋。

写真撮ろうと思っていたけれど、眠気と疲弊でそれどころではありません。

ベッド、シャワー、布団。

これしか考えられないくらい眠くなっていました。

みんなそうみたいです。

ホテルに到着すると――

予約されていないですけどという受付の反応。

もうエネルギーが残っていなかったのですが、WiFiの利用をおねがいし(糞遅い)、現地の旅行代理店の番号を伝え、電話してほしいと懇願。

出ない……

何度かかけてでなかったので、仲介会社と現地の代理店両方のアドレスにメールで返金養成。行動として、それが正しかったのかはわからないです。

そして受付に空いている部屋、どんな部屋でもいいので貸してほしいとと懇願し、何とかその日は眠りました。(東京時間6時ですよ……ちなみにパラオと日本に時差はないです)

関連記事

パラオでダイビングのライセンスをとったお話(出国)

パラオでダイビングのライセンスをとったお話(落とし前、蝙蝠汁)

パラオでダイビングのライセンスをとったお話(クラゲ湖、カヤンゲル島)

スポンサーリンク

-
-

Copyright© 10秒迷路 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.