https://coomoodoo.org

関連コンテンツ

健康 料理

土用の丑の日にあえて、うなぎのタレだけで作る超簡単牛丼を食べて暑い夏を乗り切るためのレシピ | 平賀源内の呪いを超えろッ!

はじめに

土用の丑の日にうなぎを食うのは、平賀源内がうなぎ屋のためにやったマーケティングだということが

結構知られてきていますが、スーパーのうなぎ特設売り場は例年にぎわっています。

そしてこの時期のうなぎは特に高い(まあ売れる時期だからでしょうけど)

うなぎのおいしい時期は冬眠に向けて栄養を蓄える10月だといわれている中で、

平賀源内してやったりというところでしょう。

いや、丑の日なんだから丑食べようよ

十二支の丑。

そう、丑、うし、牛、Beefですよ。

牛を食べましょう。

うなぎのタレで作る、超簡単牛丼のレシピ

材料

牛こま切れ肉・・・・・・400g
うなぎのタレ・・・・・・大さじ7(お好みで調整)
玉ねぎ・・・・・・・・・1個
卵・・・・・・・・・・・お好みで

作り方

▼玉ねぎを半月切りにします。

▼そして、弱火で牛肉にさっと火を通します。煮込むのでさっとでOK

▼ちょっと赤みが残るくらいでOK

▼中火にして、同じフライパンで牛肉の煮汁を玉ねぎに絡めます

▼そして、少し炒めたらかば焼きのタレを投入。

▼そして肉を投入し、火を弱火にします。味見をしながら、タレを足していけばいいと思います。

飯時まで余裕があれば、味が決まったタイミングで火を止めてしばらく休ませましょう。

冷めるときに、味が肉や玉ねぎにしみこんでいきます。

煮込みと一緒ですね。

▼食べる前に再度温めて、盛り付ければ完成。山椒なんてふっちゃってね。

▼一般的な牛丼のレシピに比べて甘さ控えめになります。甘めなのが好きであれば、煮込むときに砂糖を足してもいいかも。

応援お願いします

いつもブログの応援ありがとうございます!

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村






スポンサーリンク

関連コンテンツ

-健康, 料理,
-,

Copyright© 10秒迷路 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.