炊飯器でステーキを作ったら思いのほかうまくいった話

Sponsored Link

ふふふ、嫁のために健康な料理を作ってはいますが、やはりステーキですよステーキ。

とは言いつつなるべくAGEsを増やさないように調理工程は気を付けたいものです。

「医者が教える食事術」を読んで、家族の食事に取り入れたこと

イカ飯はヨーグルトメーカーでいい感じにできましたが、次は炊飯器でステーキです。

嫁がイカ飯が好きなので、低温調理機を持たない僕がヨーグルトメーカーで身が固く縮まないイカ焼きを作った話

はぁ……anova欲しいよ、anova

by カエレバ

 

いざ肉

肉は常温に戻しておきます。とはいえ夏場は怖いですね。

あまり肉は常温に戻すをうのみにしない方がいい気がします。

肉を常温に戻す理由として、中心温度と表面の温度差をなくしてあげることで表面カリ、中はヒヤリという事態を避けるためです。

しかし常温に戻すことで素材が痛んでは仕方ないですからね。

ほどほどでいいと思います。

リスクをとってプロのナレッジでヘッジしてギリギリうまいところをせめるのがプロ。

家庭料理ですから、安全第一。

さて、脂身をトリミングして筋を切っていきます。

脂身はフライパンで熱して溶かして、ニンニクの香りをうつします。

トリミングした脂身です。サラダ油は使いたくないし、オリーブオイルだと癖が強い。

そんな時は自身の脂身で焼く戦法。

まさに身から出た錆(違う)。

カリッカリに焼いてあげると、脂もだいぶ溶け出します。

からのニンニクで香りづけです。

いよいよお肉を焼いていきます。

このフライパン好きなんですよねぇ。

肉を立てなくても側面に押し付ければ焼けるかららくちんです。

写真だとポークみたいな色合いですが、いい感じに焦げ目がついています。

AGEsを摂取しないように健康的ではありたいけど、やはりステーキと言ったらこの焦げ目ですね!

粗熱をとりました。

この後、ジップロックに入れますが、熱いままで入れるとジップロックが心配です。

ジップロックに入れる際に、なるべく空気を抜きたいのでオリーブオイルを入れました。

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA