Anovaで脂がほろっと崩れるくらい柔らかなラムチョップステーキを作った話

Sponsored Link

はじめに

Anovaを買ってからというもの、低温調理のレシピを読み漁っています。

その中でおいしそうだったラムチョップステーキを作ってみました。

ラム肉と設定温度

ミディアムレアを目指して、54.4℃1時間でAnovaします。

ヨーグルトメーカーでは0.1℃単位の温度調整はできないので、Anovaサマサマです。

羊肉の脂は融点が高いとはいえ44℃なので、この調理法でいい感じにトロトロになってくれるでしょう。

レシピ例

 

ラムチョップです。赤身と脂身が6:4くらい……

オリーブオイルドライローズマリー、コショウ

そして一時間後……

出来上がりました。

焼いていきます。オイルが多い……

焼いていきます。写真のブレ感が躍動的(前向き)

じゅーっと

いい感じに焼き目がついてきました。

(;゚д゚)ゴクリ…

実食

なんと脂がいい感じにとろけて肉がほどけてしまいました。

柔らかくジューシーでローズマリーも手伝って、臭みもほとんどありません。

まあ、ラム肉なので臭くないのは当然ですね。

あとがけした黒コショウがアクセントになっていい仕事しています。

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA