子供が生まれたら生活を便利にするためにやっておきたいDIYまとめ

Sponsored Link

はじめに

子供が生まれたら、今まで当たり前だったものがかなり不便に感じてくるものです。

ちょっとした工夫で改善できるものが多いので、まとめてみました。

なるべくDIYで対応できそうなものを集めています。

シャワーヘッドを高操作性のものに交換する

子供を風呂に入れるようになって、真っ先に感じるのは洗った後に泣き叫ぶ我が子をどうしたらお互い快適に風呂に入ることができるか、かと思います。

なぜ、子供は泣くのでしょう。

水が怖いのかもしれません。あるいは――水圧が痛いのかもしれません。

アラミックのシャワーヘッドは後ろのバーで強弱が選べます。

子供を洗うときには弱に、大人は強にすれば、シルキーな低水圧だけのシャワーヘッドを選ぶよりすみわけができます。

そして、シャワーのもとで水を止めなくてもシャワーヘッドにオンオフのボタンがあるのは非常に便利です。

子供にシャワーするときに、いろいろ苦労するかと思います。

子供の目に洗顔の泡がはいったりとか――

そんなとき、とりあえずシャワーの水を手元で止めて、顔を拭いてやる――

手元で操作できるだけでかなり対応速度が変わります。

取り付けは、標準的な規格のアダプタが入っているのでそれをかませてホースにつなぐだけの簡単DIYで快適でトラブル時迅速対応ができる、

子供とのバスタイムが満喫できます

by カエレバ

 

 

カーテンを遮光性が高いものに交換する

太陽光で目覚めるのは気持ちがいいものです。

しかし、本当に日の出に目覚めたいでしょうか。

自分たちが起きたい時間に太陽光を浴びて起きるのは気持ちがいいですが、

カーテンが遮光できない光で起こされるのはそれほど気持ちのいいことではないと思います。

そしてそれはおそらく子供も同じこと。

社団法人日本インテリアファブリックス協会(NIF)でカーテンの遮光度合いに等級が決められており、以下のようになっています。

遮光等級遮光率照度に関する状態表現(NIFによる)
1級遮光遮光率99.99%以上人の顔の表情が識別できないレベル
2級遮光遮光率99.80%以上、99.99%未満人の顔あるいは表情がわかるレベル
3級遮光遮光率99.40%以上、99.80%未満人の表情はわかるが事務作業には暗いレベル
遮光性なし遮光率99.40%未満

遮光性の高いカーテンに変えるだけで、子供は起きにくくなるので検討してほしいところです。

また、夜間に授乳やミルクをあげる親も早朝の日光で、ただでさえ短くなりがちな睡眠時間が短くなってしまうので、遮光性については馬鹿にできないところです。

そして、カーテン関連で言えばレールの音でしょう。

カーテンを開けるレールの「シャー」っという音でお子さんがビクッと驚いた経験がおありかもしれません。

かくいううちがそうです。

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA