「超ロジカル家事」を読んで、家電投資の重要性を感じた話

Sponsored Link

超ロジカル家事に期待したこと

子供が生まれてから、今までの家事以上にすることが増えました。

低温調理器具Anovaを使ったり、リードの圧力調理バッグを使ったりとパラでできる料理方法、料理をまとまった時間にして冷蔵庫に保存するおかず貯金を導入してきました。

この本からさらに、家事の負担低減を期待しました。

リードの圧力調理バッグが、共働きの料理負担軽減の結論だと思います。

本の概要・あらすじ

この本では、最新の家電を買って、自分の時間を手に入れるために投資をしようというのがこの本での主張です。

そして実際に効率化した事例が書かれています。

いやはやヘルシオ2台に炊飯器2台というのは驚きです。

でも炊飯器2台あれば、米を炊きながら、炊飯器でアクアパッツアができたり便利ですね。

これは見習いたいかも笑

共感したこと、実際に導入したいこと

家事を効率化することで、子供のために時間を作りたいというところに共感しました。

僕自身も家族、子供との時間を作るために調理を効率化したり、

調理過程をAnovaで自動化してパラで皿洗い、風呂掃除ができるように家事の効率化を考えています。

トレンダーズ株式会社の調査によると夕食の料理にかかる時間は30以上60分未満が46%、60以上90分未満が40%と

日常的にかなりの時間をかけていることがわかります。

引用元:料理にかかる時間は1日平均「1時間22分」、約8割「短縮したい」! 主婦の献立作り、最大の悩みは「レパートリーの少なさ」

 

心理学者アレン・カナー氏の研究によると、こういった日常的な家事などが幸福度にネガティブな影響を与えるということがわかっています。

子供のために使える時間を得るために家電を買うというのはかなり魅力的なリターンが望める投資だと思います。

新しい家電を買うのもそうですが、今ある家電の見直しも大切だと感じました。

例えばへルシオを持っていますが、正直電子レンジレベルしか使っていないです。

もっとヘルシオの力を引き出してやらないと宝の持ち腐れですね。

そして、炊飯器。

炊飯器は調理機としてもかなり優秀なので、次回購入するときには、保温温度が調整できたりした製品を検討しよう。

そうすることで、低温調理的な使い方もできるので煮込み料理にも活用ができます。

こういう話題では「じゃあファストフードでよくね。作る時間もいらないし、洗い物もいらないし」という意見もあるでしょう。

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA