「メンタリズムの罠」を読んで、究極の記憶術「記憶の宮殿」を試してみた

ダレンブラウン メンタリズムの罠

Sponsored Link

ダレン・ブラウンとは

ダレン・ブラウンはイギリスで有名なメンタリストです。

別名「心の魔術師」と呼ばれ、心理学や催眠術を取り入れたパフォーマンスを行います。

日本でメンタリストといえば、DaiGoさんを思い浮かべますが、何を隠そうこの本、そのメンタリストDaiGoさんが翻訳したものです。

テレビのアナザースカイでイギリスを訪れた際にも、ダレン・ブラウンに会っています。

その際にダレン・ブラウンは、人に道を聞き途中で別人と入れ替わるという、人にものを教えるということに注意が向いていて、その人に注意が向いていないという注意力の盲点を突いたパフォーマンスをしていました。

番組の中でメンタリストDaiGoは、ダレン・ブラウンのショーを見た後に会い、大学時代YouTubeで彼の動画がきっかけでメンタリズムとマインドリーディングを学び始めたと想いを伝えました。

それにダレン・ブラウンはこう答えました。

メンタリズムにとって、今この瞬間が大切なんです。

自分もパフォーマンスを楽しみ、面白いと思えればそれでいいんです。

成功を追い求めていたらいつになってもそこには辿り着けないんです。

「やった、成功した!」と満足できずに、いつまでも「もっと上、さらに上!」を求めてしまいます。

だから今この瞬間に「自分が楽しめているか」それだけです。

another sky メンタリストDaiGo:伝説のパフォーマーより

――メンタリストDaiGoさんは最近テレビ出演しなくなりましたが、ニコニコ動画で5万人(2018/10/06現在)の有料会員(月額540円)を抱え、またYouTubeでもある動画で月200万は入ってきてるとそっけなく答え、書籍も多数……と大成功していますね。

倒れない計画術:まずは挫折・失敗・サボりを計画せよ!
メンタリストDaiGo 河出書房新社 2018-09-13
売り上げランキング : 377

by ヨメレバ

本の概要

さて、この本の中で特に印象に残ったのが記憶の章でした。

メンタリストは非常に多くの知識を自在に操り、相手を観察し、心理を読みパフォーマンスを行います。

多くの知識を必要とする、メンタリスト ダレン・ブラウンが使っているのが「記憶の宮殿」です。

メンタリズムの罠 TRICKS of the MIND
ダレン・ブラウン,メンタリストDaiGo (訳者) 扶桑社 2013-02-27
売り上げランキング : 15090

by ヨメレバ

記憶の宮殿とは

この「記憶の宮殿」、実は様々な作品の中でも出てきます。

例えば、あまりに有名な例ですが、シャーロックホームズも記憶の宮殿の持ち主です。

by カエレバ

シャーロックは自身の中で記憶を辿る時に両手を合わせ、瞳を閉じ、そこに記憶を格納した宮殿を呼び出します。

まるで鋼の錬金術師が錬金術を使う時に両手を合わせるようですね。

また、ハンニバルのレクター博士もこの記憶の宮殿の持ち主と言う描写がされています。

そんな誰にでもできるものじゃないんではないかと考えるかもしれません。

しかし、この方法は世界記憶力グランドマスター池田義博の著書でも紹介されていて、記憶の宮殿の作り方も確立されています。

世界記憶力グランドマスターが教える 脳にまかせる勉強法
池田 義博 ダイヤモンド社 2017-03-10
売り上げランキング : 1965

by ヨメレバ

なお「脳にまかせる勉強法」この本はAudioBookでも視聴できます。

記憶の宮殿は大きく分けて二つの記憶術を組み合わせたものです。

まず一つは関連法、そして場所法です。

関連法とは

記憶は頭の中にバラバラに存在していると特にそれが短期的な記憶であればあるほど、何か別のものが突然入ってきた場合に忘れてしまいます。

人間は大体七つの事象までは覚えてられると言われています。いわゆるマジカルナンバーセブンですね

関連法は、これらの何の関係もない単語を無理やり関連づけ覚える方法です。

ダレン・ブラウンが王家の名前を覚えるのに――

No Plan Like Your To Study History Well.(歴史をうまく勉強するのに、君たちの方法以上にいいものはない)

という文を例示しました。

これは王家の名前に変換できます。

No(ノルマン)、Plan(プランタジェネット)、Like(ランカスター)、Your(ヨーク)、To(チューダー)、Study(スチュワート)、History(ハノーバー)、Well(ウィンザード)

ではやってみましょう

たとえば、電話、ソーセージ、猿、ボタン、本という何の関係もない単語を覚えるケースを想像してください。

この単語の羅列を単純に記憶するのは簡単ではないと思います。

そして仮に覚えられたとしても30分後ですらこの単語を思い出すことができるでしょうか。

関連法では、これらの単語をそれぞれ結びつけて記憶します。

結びつけ方はAとB、BとC、CとDといった形で、それぞれの単語を結びつけます。

そして、その際には一つ一つの単語をイメージして結びつけます。

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA