子供が生まれてジムに行く時間がもったいないから、プチ断食でやせた話

Sponsored Link

子供が産まれる前にはよく仕事帰りにジムに行ってました。

土曜なんて半日ジムで筋トレに勤しんでました。

育休始まった当初、朝6時とかに嫁に朝食を準備して子供を寝かし付けてからジムに行ってましたが

やはり罪悪感と、行ったところでバイクを30分してシャワーしてかえって来る程度のメニューしかできなかったので、

往復の移動時間とシャワーの時間がもったいないくらいであんまり行かなくなりました。

でも、子供を育てるために健康で元気な父でありたい。

さてどうしよう。

そうだプチ断食しよう

プチ断食、ファスティング、リーンゲインズetc

呼び方は様々ですが、誤解を恐れずざっくり言うなら一食抜いて16時間食事をとらない状況を作ろうという考え方です。

そうすると体の中で様々な変化が生まれます。

  • オートファジーが起こる
  • 食欲自体が減る
  • 下腹部がやせる
  • メンタルにいい
  • そして、食費がやや削れる

オートファジーって何ぞや

 オートファジーは、リソソームにより細胞質内のタンパク質や細胞内小器官を分解するシステムです。 細胞内のタンパク質や細胞内小器官(オルガネラ)は、不要となったら、あるいは必要に応じ、オートファジーautophagy)によって分解され、その成分は細胞内で再利用されます。

参考:オートファジー概論 | アブカム

なるほど、さっぱりわからん。

要するに、プチ断食で体が一時的に飢餓状態になり、体の中からエネルギーをねん出しようとして

故障したミトコンドリアや、異常をおこしたタンパク質、劣化した細胞などなど体の中のごみ掃除をしてくれます。

そしてこのオートファジーは筋肉以外でも脳の神経系でも行われ、マウス実験では48時間もオートファジーで脳内のごみ細胞のお掃除が行われたようです

オートファジー機能が低下するとアルツハイマーのような病気になりやすいことから、

プチ断食で若々しくいられますね。

我が子が育つまではボケられないですもんね(そして孫とも遊びたい)!

食欲自体がおちる

これは想像しやすいですよね。食う量が減れば胃も小さくなり、食事量自体減っていきます。

また、1食抜くことで、その他の食事を制限しなくても平均350kcal摂取カロリーが抑えられるそうです。

ちなみに、運動で350kcalを消費するには1時間階段を上り続ける必要があるそうです

苦行以外以外でも何でもないですし、1時間も階段を上っていればかなりの高度まで行けそうですね笑

ということで1食抜くだけでそれだけの運動をせずともカロリーを抑えられるのは

育休中で長時間ジムで運動ができない親にとっては朗報ですね。

下腹部の脂肪がおちる

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA