関連コンテンツ

料理 育児

冷凍野菜で栄養満点時短スープを作っている話

朝食などにチャチャっと具沢山のスープを出すのがマイブームです。

とはいってもプチ断食を実践しているので、嫁の朝食ですが。

子供が生まれてジムに行く時間がもったいないから、プチ断食でやせた話

スープのレシピはこの本を参考にしています。

理由は野菜がたくさん取れる上に、ベースが同じなのに味変のレシピがたくさん載っているので

応用が利くからです。

今授乳中なのであまりダイエットは意識していないです。

この本では、朝をスープに置き換えるダイエットを提案していますが、

僕はこのスープのほかにご飯やサラダをプラスして出しています。

冷凍野菜ってめちゃくちゃ楽

そうなんです、楽なんです。

  • 野菜を切る
  • ジップロックに入れて冷蔵庫に入れておく
  • 必要な時に必要なだけ取り出す

もうほんとふりかけみたいなもんですよね。

うちの野菜貯金の一部を公開します。

舞茸

生姜

様々な料理に活躍

しいたけ

グアニル酸の伝道者

こんな感じでそれぞれの食材を切ってあとは入れるだけという状態で冷凍しています。

ニンジンは切るのが面倒くさいので時短のためにシリシリ用おろしをつかっています。

シリシリ用おろしは本当に便利で楽ちんなので、バンバンジーを作るときにきゅうりを千切りにする代わりにシリシリおろしで調理しています

ポリ袋でパサパサしないバンバンジー作ってみた

スープの具材としては主にニンジン、舞茸、シイタケ、ブナシメジ、ナス、玉ねぎ、しょうがなどを鍋にぶち込んで

白だしで味を調えています。

特に舞茸には、2018年7月26日放送の「得する人損する人」でも紹介されていた脂肪燃焼を助けるMXフラクションがキノコの中で唯一含まれています。

2018年8月11日のジョブチューンでも紹介されていましたね。

ちょっと産後太りを気にしているようなので、サラッと入れています。

さらに番組でMXフラクションは抽出しにくいので、100度以上で30分加熱が必要と放送していましたが、

冷凍保存することで細胞が壊れ抽出しやすくなります。

雪国まいたけさんがソースなら間違いないですね笑

それ以外にもキノコは冷凍させることで細胞が壊れ核酸と酵素が反応し、うまみ成分である、グアニル酸や鰹節から抽出できることで有名なイノシン酸が増えます。

さらにキノコキトサンが脂肪吸収を抑えてくれるのもありがたいですね。

ちなみに舞茸の1日の目標摂取量は50gとそこまでハードルが高くないので、

冷凍して、MXフラクションが出やすい状態で時短調理で

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-料理, 育児,
-

© 2020 10秒迷路 Powered by AFFINGER5