10秒迷路

育休6m明け育児修行中パパのブログ

料理

バーベキュー検定(初級バーベキューインストラクター)を受けてみたらめちゃくちゃ楽しかった上に今後BBQのヒーローになれる最低限の技術が伝授された

更新日:

BBQ検定を受けてみたよ

連休になると、焼き台をセットして、鮮魚店で魚や肉を調達し、下処理をして焼く――

誰にも習わずと、高校時代から河川敷でやってきたオリジナルの遊び。

みんなそれぞれ自己流があって、正解がない。

そんなふうに考えていた時期が僕にもありました。

とはいえ、子供もできたし自己流じゃなくてちゃんと学ぼうとTRYしてみました。

BBQ検定(初級バーベキューインストラクター)の費用

実地での研修及びテストで11,000円でした。

受験の際に動画での受講か、実地かは選べますが、実地研修の金額の方が高いです。

しかしこの試験の性質上、テスト終了して、はい、終了ではなく、

身に着けたい人が受ける試験だと思うので、そう考えると数千円は誤差でノーチョイスで経験できる実地を選択した方がいいと思います。

今回は会長自らの講習でした。

当日のアジェンダは――

  1. スマートバーベキュー基礎 75分
  2. スマートバーベキューデモ 90分
  3. 筆記試験         10分
  4. エンドBBQ        20分

デモで出来上がりが食べられるのも最高だし、実際体験するのは大きいです。

ということで、実地での受験がおすすめです。

初級バーベキューインストラクター検定を受けてみたら、BBQの深さの片鱗を味わったぜ

受講前は非常に軽く考えていました。

「まあ火のつけかたとかそのあたりが問われるんでしょ」

ところがどっこい。

BBQ協会会長の話を聞くと、そんな程度の話じゃないっていうね。

それだけでは、ただ「火つけがうまい人」レベルとな。

なるほど。

会長が語っていた内容を借りれば

  1. 日本ではBBQではなく野外焼き肉が行われている - just meal
  2. アメリカでBBQの起こりは貧しい人が安くて不味い肉をRow&Slowでおいしく仕上げていたノウハウがある

そして、BBQのナレッジをどこで活かすかという議論。

その点についても、日本人の社会の定義が広すぎる点に指摘がありつつも

社会(家族、近隣、地域)の催しでコミュニケーションのかじ取りができる人材が理想像だとか。

単純な技術論なんかよりも広い考え方!

また海外ではBBQのコンテストまで開かれているようです。

とはいえ、あまり考えすぎると逆にBBQができなくなってしまう罠。

話を聞いて自分なりに落とし込んだのは、江戸前の寿司のような考え方がしっくりきました。

江戸前の寿司は見た目も美しく、食べやすい工夫(隠し包丁を入れるなど)どの握りにも”仕事”が施されています。

買ってきた肉をただ焼く → アウトドア焼き肉ではなく

食材にラブ(スパイス)をすり込んだり、調理に時間をかけましょうということでしょう。

BBQでもそれが求められているのだなと感じました。

初級バーベキューインストラクターとして持っておきたい道具

Weber(ウェーバー)のバーベキューグリル

日本では長方形のグリルが一般的です。

▼こんなの

Youtubeで海外の動画を見てみると、丸型のグリルが多いです。

初級バーベキューインストラクター検定のデモの中でも使われていました。

蓋ができてスモークもできるし、円形だから網も落ちにくい(マンホールと同じ原理)からでしょうか。

まあ、グリルは一度買えば相当もつのでいいものを買わないと後であれ買えばよっかったと思うのもしゃくだし。

しかもウェーバーのグリルは10年保証なのでそのあたりもお得。

Weber(ウェーバー)のラピッドファイヤーチムニースターター

火つけもBBQの見せ場の一つですが、チムニースターターならサクッと火が付きます。

江戸前のおもてなしBBQをやるなら火付けに時間をかけるよりも料理に時間をかけるべし。

▼英語ですが、映像で理解できます。

要するにロケットストーブの原理です。

チムニースターターの下の空間に火種(新聞紙を丸めたものに着火する程度でOK)を用意して、

下の炭に少しでも火種がつけば、あとは上昇気流が勝手に空気を取り込み火種を育ててくれますよ、という代物。


めちゃくちゃ合理的。

なんだかうちわで扇ぐのが、非文明的に思えてくるくらい……

▼グリルにチムニースターターがオマケでついてくるだって!!!

チムニースターターを使うにあたって、炭の入れ方もコツがあります。

炭にはいくつか種類がありますが、BBQ検定で押されていた炭は以下2種類。

  • チャコールブリケット :炭の粉末を成形したもの(爆ぜる心配がない)。火付きが良いが持続力にかける。
  • おが炭        :おがくずを圧縮して成形したもの(爆ぜる心配がない)。やや火付きが悪いが持続力がある。

まず、チャコールブリケットをチムニースターターの3分の1まで入れて、そのあとおが炭で残りの容量を満たし、

次のページへ >

スポンサーリンク

-料理,
-,

Copyright© 10秒迷路 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.