赤羽 雄二「ゼロ秒思考」を読んで

Sponsored Link

――ゼロ秒思考ってなによ

かなり前に出版された本ですが……今でも実践しています。

コンサルティングファームであるマッキンゼーでマッキンゼーソウルオフィスの立ち上げのために尽力した方のようです。

その方の提唱する、「メモ書き」という方法についての本です。

「メモ書き」することによって瞬時に課題を明確にする能力が養われるというもの。

by カエレバ

 

どんなやり方なのさ

【本文より】
A4の紙に1件1ページで書く。
ゆっくり時間をかけるのではなく、1ページを1分以内にさっと書く。
毎日10ページ書き、フォルダに投げ込んで瞬時に整理する。
それだけで、マッキンゼーのプログラムでも十分に教えていない、
最も基本的な「考える力」を鍛えられる。
深く考えることができるだけでなく、
「ゼロ秒思考」と言える究極のレベルに近づける。

やり方としては、左上にタイトル、右上に日付、そしてタイトルの内容についての粒度※が同じことを1分間ひたすら書くというものです。

1日10ページやることが推奨されています。

※粒度が同じとは、例えば都道府県というタイトルに対して東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県はOKですが、東京都、中野区、埼玉県、大宮市といった形でレベル感が違うものはNGということです。

あ、ゼロ秒思考のためのアプリつくってみましたよ。無料なので使ってみてくださいね。

ブレインダンプ・タイマー

ブレインダンプ・タイマー

comodoposted withアプリーチ

 

実際やってみて

やってみるとわかりますが、頭の中がすっきりします。

これは筆記開示(エクスプレッシブライティング)やブレインダンプと同じ効果が期待できるんだと思います。

筆記開示のやり方や効果については、パレオな男ことYuSuzukiさんの超ストレス解消法でも紹介されています。

やり方は、イライラや不安に思っていることを1日20分間ひたすら書き出していくというもの。体裁もなくただひたすら書きだしていきます。これは数百を超す実証研究がされていて、不安やストレスに効果があることがわかっています。

エクスプレッシブ・ライティングを考案した、ジェームズ・ペネベーカー博士によるとエクスプレッシブライティングを実施することで、数週間から数カ月で鬱や不安が改善し、ストレスが穏やかになる傾向があり、幸福感が高まり、ネガティブな感情が減ったとのことです。

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA