関連コンテンツ

Anova 料理

トマトと卵の中華炒め(番茄炒蛋)をAnovaで低温調理したレシピ

はじめに

中華料理では一般的なようですが、日本ではあまり見ない番茄炒蛋。

以前上海でよく食べていました。炒めて酸味が和らいだトマトと卵がいい感じにあいます。

まあオムレツなどにケチャップかけますもんね。

そりゃあいますよ。

低温調理でやってみる

卵白と卵黄の凝固温度は違います。

野沢温泉村へ行って温泉街を楽しんだり温泉卵を作った話

調べてみると低温調理でスクランブルエッグを作る温度は77℃で作られていたので

その温度で行きましょう。

レシピ例

Anova設定値

設定温度:77℃
調理時間:30分

材料

卵      3個
トマト    2個
マヨネーズ  大さじ2
鶏ガラスープ 小さじ2
塩      小さじ1/4
ごま油    少々
黒コショウ  少々

自家製ギーでマヨネーズ作ってみた時のレシピ

作り方

はじめに卵に塩を加えます。

 

鶏ガラスープを加えます

卵を溶いたら15分程度放置します。

そうすることで、塩でタンパク質の網目構造が緩まり、ふっくらとした仕上がりになります。

卵をクシ切りにします。

 

冷蔵庫でかなり冷えていたので、Anovaで少し温めました。

 

そして、マヨネーズ、卵を入れてAnovaで調理します。

 

時間になりました。

 

完成

ごま油を回しかけて、ブラックペッパーを振ります。

created by Rinker
¥2,538 (2020/09/15 23:15:39時点 楽天市場調べ-詳細)

実食

うん、ちょっと違いますね。

おいしいけど。

そもそも、炒(chao)していないというね。

おわりに

最後に熱したフライパンで少し加熱してあげるといいかもしれません。

参考資料

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-Anova, 料理,
-

Copyright© 10秒迷路 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.