https://coomoodoo.org

関連コンテンツ

料理

タカラ究極シリーズ第3弾!究極のMYOを参考にして自家製究極のMYOを作ってみたよ

はじめに

ネクストフーディスト2期生のcomodo(@comodo_dev)です。

さて、タカラさん。

なっとう、TKGに続きまたやらかしましたよ。

究極のNTO ( なっとう ) 201906A

今回はマヨネーズ。

ということで構造をみて、手動を作ってみました。

タカラ究極のMYOの仕様

とんでもない仕様です。

まずは以下をご覧いただきましょう。

 

すごい……

魯山人納豆の時代とは違って電動なのね……

究極のMYOを手動で作ってみるよ

材料

  • 卵・・・・・・・・・1個
  • オリーブオイル・・・120ml
  • マスタード・・・・・大さじ1
  • レモン汁・・・・・・大さじ1
  • 塩・・・・・・・・・ふたつまみ

作り方

▼卵黄と卵白を分けます

 

マスタードを入れると入荷が促進されます

自家製ギーでマヨネーズ作ってみた時のレシピ

▼卵黄側に、マスタード、塩を入れます

 

▼卵白を泡立てます。この時レモン汁を少々入れるとふわっと仕上がります

 

▼20分程度

▼では、卵黄に取り組みます。まずは、卵黄、塩、マスタードを混ぜます。

マスタードが乳化を助けます。

 

▼よく混ぜて

 

▼少しずつ、オリーブオイルを混ぜていきます。エクストラバージンだと仕上がりに癖があるので、普通のオリーブオイルがおすすめです。

▼半分オリーブオイルを加えました。しっかりと乳化しています

 

▼途中でレモン汁を加え、同じ工程を残りのオイルで繰り返します。

▼すべて、乳化完了です

 

▼そしてこの二つを――

もったりとして、ふわっとしたマヨができあがりました。

▼さて、マヨネーズをかけるやーつを作ります

 

▼きゅうりを細く切り、ちくわにさします

 

▼そして斜めに切って並べて

 

▼マヨをかけて出来上がり

おわりに

やばいです。

空気を含んでライトな口当たりのマヨネーズではありますが、

マスタードが特有のアクセントを置いてきます。

とはいえ市販のマヨとは重さが違うのですすんじゃいますね汗

ライトな食感とはいえカロリーは変わらないので、食べすぎ注意。

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-料理,
-, ,

© 2020 10秒迷路 Powered by AFFINGER5