関連コンテンツ

料理

ヨーグルトメーカーで低温調理して作る納豆のレシピ

はじめに

前回、見事に失敗しました。

基本の納豆を成功していないのに、手広くやって傷口を広げた形です。

Anovaで低温調理で、いろんな豆で納豆を作る実験

 

前回の失敗を踏まえ、今回はまず大豆でちゃんと納豆が作れるようにトライ。

菌が酸欠にならないように、今回はヨーグルトメーカーでやってみる。

 

納豆のつくり方

Anova設定値

設定温度:40℃
調理時間:24時間

材料

水煮大豆 1袋

納豆   1パック

作り方

▼材料の方々

▼アルコール消毒後、熱湯消毒されたかわいそうな容器

▼いい感じに混ぜて――

▼お湯に溶かしこむ

▼トロトロ

▼そしてそれを水煮大豆へ

そして容器をヨーグルトメーカーへ

▼数時間後、あまり変化なし

写真が飛んでしまった……

▼24時間温め、冷蔵庫で2日寝かしたもの(納豆感なし)

▼茶わんに出しても納豆感ゼロ

▼混ぜてみると、なんだか納豆ポイ!

▼タレを入れて食べてみる

う、うーん

表面的にまとっているものは納豆の味(タレの味?)

でも、噛んでみると完全に水煮大豆を食べているようです。

今回も失敗

失敗の要因を挙げてみる

そもそも、納豆をお湯に溶く必要性はあるのか

さらに納豆菌は40℃から45℃で活性になるようで、

正直ヨーグルトメーカーがちゃんと設定温度で温めてくれるか不安なところ。

過熱する場所が一番だけぽいし。

さらに、お湯に溶いていれたから、大豆が乾燥している状態じゃなかったし。

次回は、

水煮大豆から水気を切り、

ひきわり納豆を入れ、

ヨーグルトメーカーでまんべんなく温められるように容器内に湯を貼りチャレンジ

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-料理,
-

Copyright© 10秒迷路 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.